たまには勉強してみよう

日々の勉強の記録

「資格の大原」の日商簿記2級試験模試に申し込んでみました

「資格の大原」の簿記模試とは?

「資格の大原」は、日商簿記検定直前対策として、簿記試験前に各校舎で公開模試・直前予想会を開催しています。

「資格の大原」の公式サイトによる説明は以下。

無料模擬試験では大原各校のヤマ当て名人と呼ばれる専任講師が過去の出題内容を分析し、第147回日商簿記検定の出題予想問題を発表します。 大原の模擬試験会場で予想問題(ファイナルチェック問題)を解いていただき、その後ポイント解説を受講していただきます(途中休憩あり)。 試験前の最終チェックにぜひご利用ください。

出題予想会と模試試験の違い

出題予想会 模試試験
使用テキスト ファイナルチェック問題 ファイナルチェック問題
内容 講師によるポイント解説のみ 大原で問題を解いたあと、講師によるポイント解説
必要時間 1時間 3時間

出題予想会と模試で「ファイナルチェック問題(予想問題)」を教材を使用するというところは一緒。出題予想会はポイントの解説を校舎で聞いて、問題は持ち帰って自宅で解くことになります。模試の場合は大原で試験問題を解いてポイント解説を聞くという流れになっています。

解いてから解説を聞くという流れの方が理解が深まりそうなので、模試の方に申し込んでみました。

「資格の大原」の出題予想会・模擬試験スケジュール

日商簿記の出題予想会・模試は10月末~11月初旬に、「資格の大原」の各校舎で開催されます。

詳細なスケジュールはこちらからご確認ください。申し込みもリンク先から行えます。模試試験を行うのか、出題予想会なのかは校舎によって異なるのでお間違えなく。

必要事項を記入して申し込むと、すぐに [資格の大原]【簿記イベント】予約申込みメール というタイトルのメールが自動返信されてきました。

なお、日商簿記2級の模擬試験は下記の校舎で行われるようです。❨2017/8/28現在❩

  • 東京水道橋校、新潟、福井、浜松、静岡、沼津、愛媛

申込み人数に達したら締め切るようですので、気になる方は早めにお申し込みを。

資格の大原の模試は難しい?

資格の大原の模試について調べていると、「本番より難しい」「問題がえぐい」という口コミが…。どこまで本当か分からないけれど、大原の模試で合格点が取れたら自信がつきそうですね!