たまには勉強してみよう

日々の勉強の記録

秘書検定2級合格しました。勉強期間は約1ヶ月。

先日受験した第105回の秘書検定2級に合格してました。受験料も無駄にならず、よかったよかった。今回の合格率は64.5%と高めだったので、これで落ちてたら色んな意味でショックです…。
f:id:r-taro:20150223095411p:plain

秘書検定2級の勉強時間

秘書検定の勉強には過去問を集めた問題集を使いました。こちらには6回分の過去問が収録されています。

秘書検定実問題集2級2015年度版

秘書検定実問題集2級2015年度版

実際に解いてみたのが2周。電車の中で問題と答えを付き合わせながら読んだのが5周くらい。買ってすぐに解いて、間違ったところを中心に電車で確認しつつ読んでいました。そして受験前日に過去問4回分解いて最終確認といったところです。

秘書検定は理論と実技パートそれぞれ6割取れていれば合格となっています。配点は公表されていないので、「ある程度頭に入った」と自信を持てる程度にしておきたいところです。

秘書検定2級の難易度

はっきり言ってナメてました。「社会人の常識テストでしょ、そんなの余裕だよ」と。

一通り過去問を解いてみたら、ちょこちょこ不正解があって「キャー!恥ずかしい!!」ってなりましたね…。

理論部分については、「上司にとって余計なお世話じゃないかどうか」で考えておけば良さそう。例えば上司が具合悪そうに見えても、「午後の打ち合わせは延期にして帰ったらどうか」と言うのはやりすぎ、とか。なので「これは余計なお世話」「これは言われたらイラっとくるな」「これはセーフ」なんて考えながら問題を読んでました。悩むような問題は少ないです。

一方、実技パートには悩されました。普段は全く使う機会がないということもあって、季節の挨拶や冠婚葬祭のマナー等が怪しい。「必要なときに調べればいいや」と思っていたので、知識ともいえないあやふやな何かしか頭に入ってなくて。それらについては、テキストの後半*1を読んで頭に入れておくことにしました。これを機会に覚えておけば、いざというときに困らないかな。(そのときに忘れていなければ)

四択問題はまだ何とかなるとしても、心配なのが筆記問題。普段パソコンばっかり使っているから、漢字でどう書くのか改めておさらいしておかないと。(105回試験でも漢字の読みを書く問題がありました)

参考に受験者としての私のスペックを書いておきます

  • 社会人歴10年以上
  • 普段は社内の人間だけと接するような仕事で、かっちりした敬語を使うようなシーンはありません
  • 学生時代に秘書検定と似ている「ビジネス能力検定(B検)」3級取得済み*2
  • 他に取得済みの資格・検定は、秘書検定と関係ないものばかりです

こんな微妙な状態でもペーパーテストだけの2級なら何とかなりました。準1級以上は面接試験もあるので、ボロが出まくって散々な結果になりそうです。受けるとしたら面接対策がいるんだろうな。とはいえ今回の検定は趣味の延長で受けたものですし、秘書や接客業ではないので準1級の受験は考えていません。

秘書検定2級については「合格したからといって特別なことがあるわけではないけれど、一通り覚えておけば何かのときに役に立つかもね」といった印象です。

そう考えると、受験会場が大学生だらけだったのも納得かな。会場となった大学の教室は女子学生だらけで、男性は社会人の方がちらほらいる程度でした。
(元の記事は2015年2月23日に作成しました)

*1:巻末にざっくりとした秘書検定2級に必要な知識まとめページがある

*2:でもそのころの知識なんてとっくに忘れているし、9割は受かる検定だ